前へ
次へ

シュナイダー膜を上げるインプラント治療

奥歯は、たまに抜けてしまう事があります。
一旦奥歯が抜けてしまうと、あごの部分にある膜が下がってきますが、そのままの状態では歯科治療に支障をきたしてしまうケースがあります。
インプラントの治療を行う際には、その膜を上げる作業を伴う事があります。
ただし、歯科医の技術が求められます。
もともと上側の歯は、土台部分に固定されています。
その土台部分の上側には空洞がありますが、やや専門的な表現で上顎洞と呼ばれます。
ところで土台部分と上顎洞の間には、非常に薄い膜があって、上顎洞に対して異物が入ってしまうのを防ぐ役割を果たしています。
いわゆるシュナイダー膜です。
インプラントの治療を行う時は、その薄い膜を押し上げる作業が行われる事があります。
わざわざ膜を押し上げる理由は、若干下がっているからです。
冒頭でも触れた通り、奥歯はたまに抜けてしまう事があります。
一旦歯が抜けますと、新しい歯を埋め込みたくても、土台部分が足りません。
土台が痩せたような状態になり、埋め込んだ歯が取れてしまう可能性もありますから、シュナイダー膜を押し上げる訳です。
若干押し上げてあげますと、土台にも厚みが生じます。
歯を埋め込むだけの十分な土台ができ上がる訳です。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren2set?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

ただしシュナイダー膜を押し上げる作業は、簡単ではありません。
非常に薄い膜ですから、一歩間違うと傷付けてしまう可能性があります。
このため歯科治療を行う医師にも、専門技術が求められます。
膜を傷付けてしまうと大変ですから、ある程度は専門技術が無いと、インプラントの治療が難しい事があります。
ただしシュナイダー膜を押し上げる方法は、リスクは比較的低いです。
実はインプラントの治療を行う方法は、他にもあります。
治療するハードル自体は低いですが、ややリスクも高くなってしまう訳です。
ですから専門技術がある歯科医の場合は、あえてシュナイダー膜を上げる方法で治療を行う事があります。
ですからリスクが低い治療を受けたい時は、歯科医院の専門技術もよく見極める必要があります。

Page Top